電子コミックは数が少なく読み難い?

電子コミックは紙媒体の漫画に比べてタイトル数がまだ少ないですし、小さな画面なので読み難いのでしょうか?

電子コミックのデメリット

電子コミックは様々なメリットを持った、使いやすく有用なコンテンツです。 しかしメリットばかりという訳ではなく、電子コミックだからこそのデメリットもまた存在します。

そのひとつとして、紙媒体の本に比べると扱われている漫画の絶対数が少ないということが挙げられます。 電子コミックはまだ始まってそこまで長い年月が経っていないコンテンツですから、これはどうしようもない部分ではあります。 日々新しい漫画が電子コミックとして扱われるようになっていますが、それでも現在ではまだ漫画の数そのものは少なめになってしまっています。

各ジャンルで有名な漫画や、アニメ化ドラマ化なども読めるようになってきましたが、それでもまだ、大きな出版社の漫画の普及率は低いです。 逆に、知名度がそこまで高く、知ることのなかった漫画は数多くありますで、知らなかったけど面白い漫画には巡り会えると思います。 有名作品に関しては、コレクションも兼ねてコミックで購入している人も多いので、現状はこれで良いのかもしれませんけどね。

そしてもうひとつ、普通の漫画を読むのに慣れていると、始めのうちは読みにくく感じるというデメリットも存在します。 電子コミックはスマホなどの小さな画面で読むことになりますから、1ページずつではなくて1コマずつ読み進めていく形式の感覚です。 なので慣れるまでは、普通の本に比べると読むペースがどうしても遅くなってしまい、読むテンポが悪くなるという可能性もあります。

人によってはこういう事をデメリットと感じる人もいるかもしれません。 ですがこれらのデメリットは、克服されていっています。 読める漫画の数にしても、以前に比べると圧倒的に増えましたし、今現在も日々増えてもいます。

また、スマホで読み進めることに、初めのうちは抵抗を感じても、すぐにスマホで読み進めることにも慣れると思いますし、 逆にページをめくる操作が簡単なことなどから、スマホで読む利便性を実感すると思います。

ですから、初めはデメリットが気になっても、すぐにそれがデメリットではないと気が付くともいますし、 コミなび(旧めちゃコミ)などの電子コミックの利便性の良さにも気が付かされると思いますので、デメリットは慣れるまでと思い、 まずは電子コミックを楽しんでみてください。

(C) コミなび(旧めちゃコミ)fan

これからアルバイト探し